プーアル茶ダイエットは妊娠中・授乳中でもしていいの?

プーアル茶ダイエットは妊娠中・授乳中でもしていいの?

こんな疑問があるかと思いますが、プーアル茶は”特別医者に制限をされていなければ、飲んでも大丈夫”です。
ダイエットプーアル茶に含まれているカフェイン量は緑茶とほぼ同じため、1日にティーカップ3、4杯程度であれば妊婦や妊活中の人が飲んでも問題ありません。
医者などにカフェインやお茶の摂取などについて制限されている場合はもちろん飲料を控えてください。

プーアル茶ダイエットをする時に注意したい!カフェイン量について

カフェインは睡眠に悪影響を及ぼすとされているので、就寝前に飲みすぎるのは控えたいですね。
1日に250mg以上のカフェインを摂ると夜中に目が覚める回数が多くなるようです。

飲み物のカフェイン量(多い順/1杯あたり)
・玉露 150mg
・コーヒー 135mg
・栄養ドリンク 50mg
・コーラ 50mg
・抹茶 45mg
・ココア 45mg
・紅茶 30mg
・ほうじ茶 30mg
・烏龍茶 30mg
・緑茶 30mg
・プーアル茶 30mg
・玄米茶 30mg

こうしてみても、やはり飲料の中では緑茶やプーアル茶に含まれるカフェイン量は少ないと言えます。
しかしノンカフェインではありませんので、飲みすぎるとよくないですね。
全くカフェインレスにしたい場合は麦茶、杜仲茶、ドクダミ茶、たんぽぽ茶、ルイボスティーか、市販されている爽健美茶や十六茶などにするか、プーアル茶の場合はもしも気になる場合は薄めて飲むのも良いです。

カフェインを妊娠中に摂取するのが良くない理由

流産や死亡率については、カフェインの摂取量が1日150mg未満の妊婦に比べて、1日300mg以上を摂取する妊婦の場合は流産のリスクが2倍に、1日1000mg以上の摂取で死産するリスクが高まると言われています。1日1000mgというと、コーヒー1日8杯以上の計算になり、よっぽどヘビーな飲み方をする人でない限りそこまでカフェイン摂取をすることは日常でもあまりないですよね。
150mg以内というと、コーヒー1杯くらいならリスクに変化があるとは言えず、緑茶やプーアル茶なら5杯なら飲んでも大丈夫という計算になります。
ただし、妊娠中や出産後のカフェイン摂取は赤ちゃんに負担をかけるとも言われていますので、なるべく少なめにしたり、飲む頻度を減らすことは良いかもしれませんね。
プーアル茶ダイエットに限らず妊娠中はダイエットを控えるべきですが、カフェインの含まれるものを全く飲んではダメ!という訳ではないので、飲み物にカフェインが少しでもあるからといって神経質になり過ぎるのもストレスが母子共にかかり、逆効果となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です